K-POPサイン会、応募する際にチェックする項目

K-POPサイン会、応募する際にチェックする項目

韓国で行われるK-POPのサイン会は抽選で行われます。通常CD1枚につき抽選券が1枚付いており、応募し、当選したらサイン会に参加できるというものです。この辺りは下記の記事でも詳しくご紹介しました。

韓国のK-POPサイン会の流れ

そんなサイン会はK-POP業界ではかなり当たり前の商法となっており、ほとんどのグループが行なっております。まだまだ知名度の少ないグループであっても、またたとえTWICEやBTS(防弾少年団)のような人気グループであっても行います。(頻度は多くはないです。)意外なところだと昨年はBoAが『WOMAN』のリリース記念サイン会を行いました。

具体的なサイン会の流れ

サイン会の流れは下記のような過程で行われます。

1.アーティストが新アルバムをリリースします。

2.それと同時、もしくは多少前後して韓国の各CDショップからサイン会イベントが発表されます。

3.当選発表があり、当選したらサイン会に参加

という流れです。今回はもっと具体的に見てみましょう。CLCのアルバム『NO.1』のリリース記念サイン会が韓国のCDショップ『SOUNDOWAVE』主催で行われているためそれを例にします。

SOUNDWAVEのHPには下記のように発表されています。

実際のサイン会の公示

■SOUNDOWAVEヨンドゥンポ(永登浦)店主催CLC [NO.1] 8THミニアルバム発売記念ファンサイン会

1.日時:2019年2月10日(日)18:00
2.開催場所:モクドン放送会館
↑サイン会が行われる日時と場所です。(今回はソウル市内の場所です)

3.購入期間:2月7日(木)〜2月9日(土)
4.購入場所:SOUNDOWAVEヨンドゥンポ(永登浦)店
↑この購入期間までに該当のお店でCDを購入し、応募の手続きをします。

5.当選発表日:2月9日(土)22時以降SOUNDWAVEのHPにて。
↑サイン会の当選が発表される日時です。

6.抽選人数:100人
7.抽選方法:電算ランダム抽選
↑お店によって抽選方法が異なります。ただし抽選方法を公式に発表しない店舗もあります。今回はコンピューターを使ったランダム抽選で100人がサイン会に参加できます。

8.CD価格:17,500ウォン(1枚あたり)
↑韓国はCDショップによってCDの価格が異なります。日本円で200〜300円異なることもあるので注意しましょう。

サイン会が発表されたら上記の8点は必ずチェックしましょう。韓国語で記載されていますが、自動翻訳などでもこの辺りはなんとなく読み取れるかもしれません。

サイン会は急に発表されます。

K-POPのサイン会はほとんど急に発表されます。今回の場合、2月6日にSOUNDWAVEのHPで発表され、CDの購入期間は2月7日〜2月9日、サイン会の日時は2月10日なのでかなり急ですね。ファンカフェで先行して発表されることもありますが、1日早い程度だったりします。カムバックが発表されたら注意です。

応募方法

このサイン会の応募するには今回の場合だと店舗で応募をします。CDを購入し、CD1枚につき応募が1回できます。応募の際には応募用紙にお名前と電話番号(日本語でも可能)を記載します。

複数応募する場合は?

ここで疑問に思うのは、例えば10枚応募する場合10枚も用紙に名前と電話番号を記載しなければいけないの?という点ですが、これはお店によって異なります。今回の場合コンピューターで管理をしているため、用紙に名前と電話番号、それからCDの枚数を記載すればそれで店員さんがパソコンなどに登録してくれます。

しかしCDショップの『HOT TRACKS』の場合、応募用紙を枚数分を箱に入れて抽選するという結構原始的な方法のため、例えば10枚応募をする際は10枚の用紙にそれぞれ情報を記載しなければいけません。しかも名前と電話番号を違って登録してしまうと修正を伝えるのが困難のため気をつけなければいけません。

サイン会の当選発表

当選発表はそれぞれのお店のHPにて発表されます。前回の記事でもお伝えしましたが、ほとんどのお店が下記のように名前と電話番号の一部が発表されます。

代行をしていると「電話番号は日本の電話番号でも良いの?」とお客さんから聞かれることもありますが、上記のようにただの個人の認証番号として使うので問題ありません。しかし応募の際に名前や電話番号を記載ミスしてしまうとかなり大変です。

必ずパスポート、お店によっては応募の際の用紙を持参して参加をしましょう。

    K-POPサイン会コラムカテゴリの最新記事